• G+
Vol9. 当時の定価以上の査定が付くこともあるようです

Vol9. 当時の定価以上の査定が付くこともあるようです


皆さんは、1980年代~1990年代の、Windowsを搭載したパソコンが発売される前に、NECのPC-9801やPC-8801、富士通のFM-TOWNSなど国内のメーカーからいろいろな種類のパソコンが発売されていたことをご存じですか。これらのパソコンはWindows搭載のパソコンが発売される前のビジネスの現場で活躍していて人気を集めていたのですが、実はゲームもたくさん発売されていて、こちらも大人気だったのです。私の実家には高校生のときに父が自宅での仕事用に購入したPC-9801があり、父が留守のときにゲームで遊んでいました。最初に購入したのは光栄から発売されていた「信長の野望 全国版」でして、これは数年間楽しめましたね。ただ価格は1万円くらいしたと覚えていまして、購入した後はしばらくお小遣いが無く苦労しました。当時はビジネスで使っている大人を対象としたシミュレーション作品の発売が多く、価格も高かったですね。ロールプレイングやアドベンチャーの作品が登場して人気になるのは、1990年代になってからで、それでも価格はあまり変わりませんでした。最近、高価なため購入出来ず楽しめなかった当時のゲームを楽しみたい方が増えていて、買い取りした作品の在庫について問い合わせを頂くようになりました。現在の買い取り市場では、そのような方のニーズに応えるために買い取りに力を入れているショップが多く、新品同様の作品なら当時の定価以上の査定が付くこともあるようです。

お客様の声

ユーザーのお客様よりecofa宅配買取へ頂いたメッセージをご紹介しております。お客様の励まし声に支えられております。

>>お客様の声一覧

コラム

ecofaからのゲーム買取についてのメッセージです。お買取りを検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください。


>>コラム一覧はコチラ